家計を基準としたドッグフードランキング

MENU

ドッグフード選びで悩んでいる人へ

このサイトに来た人は私と気が合う人だと思う。

 

なぜなら、自分の犬にどんなフードを食べさせたらいいか、と悩む時点で犬を「家族であり、仲間である」と認めているからだ。

 

今、日本国内でも1000万頭以上の犬がいる。飼い主も同じ数だけいる。当然、犬に対する考えも違ってくる。

 

だいたい犬を見下している人はフード選びで悩んだりしない。「何か食わせとけばいい」と気にも留めないからだ。

 

今時そんな人がいるのか?と思うかもしれない。だが残念ながら少なからずいるのが現状だ。

 

 

なぜこれほど考え方に違いが出るのか、実際いろいろな飼い主に会ってみるとわかってくることがある。

 

犬が嫌いなのに飼っている人はゼロだ。犬が好きなんだ。ただ、接し方が違うのだ。

 

 

子供ができない夫婦がいる。せめて子供の代わりにと犬を飼う。この夫婦にとっては犬は「子供」であり、人間の子供以上に愛情を注ぐ。

 

不用心だからと「番犬」として飼う人もいる。その人は、外敵に対して吠え、危険を知らせる役目を期待する。

 

共稼ぎの家庭がある。犬が欲しくて飼ったのだが、子供の習い事に思いのほか金がかかる。夫がリストラに会う。家計が狂ってくる。ドッグフードなど後回しになる。

 

夫に先立たれた年金暮らしの老婆がいる。年に一度しか会いに来ない息子よりも愛犬がかわいい。完全に心の支えになっている。金はすべて愛犬に注がれる。

家計と照らし合わせてドッグフードを選ぶこと

犬が好きな人は朝から晩まで一日中犬のことを考え、犬と接していたいと思っている。だが実際に出来る人は少ない。

 

世の中を見るとわかる。みんな仕事があるのだ。みんな生活があるのだ。生活とは、・・・・・はっきり言おう、金(money)だ。

 

それぞれの個人、家庭で収入は違う。収入のうちどれだけ犬に使えるかも違ってくる。

 

ドッグフードも家計と照らし合わせて選ぶべきである。

 

 

現在世界中で売られているドッグフードの総種類は10万を超えると言われる。日々新しいフードも出てくる。

 

そのすべてを確認する時間も予算もない。

 

でも愛犬には少しでもいいものを食べさせたいと思うのが人情だ。

 

幸いなことにインターネットにはドッグフードを調査しているサイトがいくつかある。代表的なフードの品質は把握できる。ありがたいことだ。

 

だが、どんなに高品質なフードでもあなたの家計を考慮して選ぶべきだ。犬にだけ集中していては見えてこないものがある。

 

飼い主の立場によってフード選びも違ってくるのだ。

 

あなたの年齢、家族構成、仕事内容、収入、住んでいる環境で違ってくるのだ。

 

たかがドッグフードというなかれ。毎日のことだ。無理をするとボディブローのように効いてくる。

 

値段と品質の妥協点を探せ

どこかで「値段」と「品質」の妥協点を捜す必要がある。

 

それが現実だ。

 

私自身がこの点で長く悩んでいた。

 

あなたの経済的な立ち位置と、気にいったドッグフードが交わる点を捜すヒントになればと思ってこのサイトを作った。

 

有り余るほどの金と時間のある人は読む必要はない。

 

私を含むその他大勢の人で、裕福ではないけれど犬と一緒にいたい人向けである。

 

犬と飼い主の両方がうまくいってこそお互いに幸せになれる。

 

 

せっかく犬と生活する素晴らしさを知ったなら、まちがっても途中で手放すようなことはあってはならない。

 

責任ある飼い主でいるためにも、ささいなドッグフード選びも本気で考えるべきだ。

 

 

このような思いで作ったサイトです。

 

もしドッグフード選びで悩んでおられるなら、少しでも参考になればうれしく思います。

 

 

次のページ